未分類

【本当に危険】コロナウイルスに気をつけよ【簡単対策】

【本当に危険】コロナウイルスに気をつけよ【簡単対策】

いつもREREKABLOGをありがとうございます。

 

今回は今まさに世界中の話題になっている【コロナウイルス】

もう聞いたことはないという人の方が少ないかと思います。

もし知らない方がいればこの記事で知って読んだ後にすぐに対策に徹しましょう!!

 

コロナウイルスとは何か

コロナウイルス。

正直僕も最初の頃は楽観的に見ていました。

今思えばよく分かってもないのに大丈夫という言葉で片付けていた自分を説教してやりたいと思ってるくらい深刻な状況になってきています。

 

結局コロナウイルスとは元々中国の武漢という中国のメガシティと呼ばれるような大きな都市で生まれたウイルスになります。

メガシティということで人口も多く、感染病が流行ったら一気に広まることは容易に考えられます。

東京で流行ったら感染速度が凄いのと似ています。

そんな武漢のとある市場での出来事。詳しくは分からないですが、どうやらネズミを食べる習慣があるそうで、そのネズミから発生したウイルスとのこと。

食文化については改めてコメントは控えますが、どう考えてもネズミってやばそうなイメージがありますよね・・・

 

そんなこんなであっという間に武漢を中心に広まってしまいました。

体調不良を訴える人が続出し、死人が出始めてようやく世界的に警戒するようになりました。

詳細はどうやら完璧には分かっていなく、治す薬はもちろん治す術もないそうです。

今の所の傾向として、感染してから2週間前後で発症が見受けられるそうです。

まずは咳から、そして発熱・・・人によっては急に意識がなくなってパタンと倒れるそう。そして、最後に死ぬこともありえるほどの感染病。

 

一昔前に「SARS」や「MERS」といった感染病が流行してしまったのを覚えていますでしょうか。

致死率も高く、凄い範囲で感染が広まっていましたが、今回は致死率は低いですが、感染力が桁違いとのこと。まとめてみます。

 

・インフルエンザ 致死率0.1%

・コロナウイルス 致死率3%

・SARS 致死率10%

・MERS 致死率34%

・エボラ 致死率50%

 

どうでしょうか。

パッとこの一覧を見た際に油断してしまう方多いんではないでしょうか。

「え!エボラやばい」「あの騒がれていたSARSより全然低いんだ!」なんて思う方いらっしゃるかと思います。

実際数字上では低いかもしれません。

 

インフルと同様に甘く見てしまう方が多いのが本当に怖いです。実際毎年インフルで亡くなられる方結構いらっしゃいます。それよりも30倍という表現に変えた場合、少し怖くなりますよね。

 

それも3%と言われているだけで、もしかしたら3%よりも高いかもしれません。絶対に数字で判断してはいけないと思います。

 

それにSARSなどの感染ウイルスと違って、発症する前の潜伏期間でも他人に移るというのが最大の嫌な特徴になります

 

つまり、自分に既に移っているかもしれないし、横にいる人が保菌者かもしれない、はたまた自分が保菌者で誰かに移しているかもしれない・・・

 

それだけの影響力を持つコロナウイルス。

 

先週、恐れていたイベントが始まりました。

 

【春節】です

 

中国では毎年の恒例大型連休、訪日客も多く爆買いを始めとした報道が毎年のように流れています。

このコロナウイルスの問題が出ている中で、それも発症元の武漢からも日本へ多くの方が来ることになりました。

 

この時点で多くの国民から訪日を辞めさせるようにしてくれと意見が多かったですが、それも通らず。

おそらくは訪日による経済事情や日中間での関係性の悪化を恐るという事があるのかもしれません。

ここに関してはコメントしにくいです。この訪日があるおかげで成り立つ商売もありますから、非常にデリケートな部分もあるのは確かです。

 

しかしながら、実際否定的な意見が多い中で日本で続々と発症事例が出てきています。

武漢から来た方や武漢への渡航歴がない日本人までもが感染し、発症しています。

今この記事を書いている最中にも発症事例が出ているかもしれません。

 

それだけ想定しているよりも加速してコロナウイルスの感染が後を絶たないです。

 

更には現在、日本から武漢へチャーター便を出し、武漢にいる日本人の帰国希望者を帰国させるとのことで帰国している最中ですが、今のところその中から既に5人が体調不良から搬送されている状態です。

 

そうですね、死人も出ている中でふざけているわけではないですが、バイオハザードのような感じになっているのは気のせいでしょうか。

 

それでもこんだけ報道も曖昧で、国民の中でもまだまだ楽観視している人が非常に多いです。

 

自分は大丈夫と思っていて大丈夫でも、その周りが大丈夫ではないのです。

 

そういう人が多いからこそ、より一層対策をしっかりしなければいけませんね。

自分の身は自分で守る・・・

そんな感じで現状できる対策を次の見出しから紹介していきたいと思います

 

早急に対策せよ

ここまでコロナウイルスの脅威についてお伝えしてきました。

対策せずに生活をするにはちょっとリスクが高すぎます。

昨夜、僕は近所のドラグストアやコンビニ、スーパーといったマスクが販売されていそうなところを見てきました(雨すごかった・・・)

とにかくマスクコーナーがスカスカ・・・

店員さんに聞いてみても次の入荷が未定とのこと。

通販なんかではもうほぼ売られていないですし、メルカリを始めとして個人間では転売されて根が非常に高くついているほどです。こえ〜〜

 

僕の家では結構な数を確保しているのでなんとかなりそうですが、まだ手に入っていない方。なんとか見つけて備蓄しておくことを強く推奨します。

 

最低限あった方がいいものは3つ。

・マスク

・マスク用のスプレー

・持ち運び用の消毒グッズ

今から挙げる写真はほんの一部ですが、こういった物が揃っていれば最低限の対策にはなるかと思います。

 

まずはマスク。本当は医療用のマスクが理想ですが、この際ダイソーといった低価格マスクでも有効ですので何が何でも手に入れていただきたいところです。

 

左側が持ち運び用の消毒グッズになります。ちょっとした隙間時間に消毒を心がける事でしっかりとしたウイルス対策になりますので必需品になるかと思います。

右側がマスクにかけるスプレーですね。要はマスクの効果を更に強靭なマスクに仕上げるスプレーになります。

こちらは比較的高いこともあってまだ店舗に売っていたりもしますので今なら入手しやすいかと思います。

特に低価格マスクの方はこういうグッズを利用して効果を最大化にしていただけたら全然変わってくるかと思います!!

 

以上の3点が最低限入手しておきたい対策グッズになるかと思います。

 

グッズの他にも日頃から注意しておいた方がいいことをまとめておきます。

・手洗い・うがい

・水分補給や飴で常時潤しておく

・出来るだけ人混みに近づかない

・換気を最低限、もしくは控えておく

・しっかりと睡眠をとる

 

全部がすぐに心がけるだけでできることかと思います、意識して気をつけていきたいところです。

 

【追記(20年2月27日)】

ご存知の通りマスクの品切れが続いています。

今通販で割高でも手に入る消毒グッズだけでも購入しておくことをおすすめします。

下記に推奨のグッズのリンクを貼り付けておきます。

マスクの転売価格は高すぎますから、流石に割高なんてレベルじゃないです。

少人数世帯向け

5人〜の世帯向け

 

 

また、報道で経済に影響を与えていることが伝えられていますが、よく分からない、どう対策するかという方向けへの記事も執筆しています。

【コロナショック?】揺らぐ株式市場でどう勝つか【暴落か】

続きを見る

 

最後に(2/27更新)

改めて、コロナウイルスは未知なことも多く、情報が常時更新されていくものだと思います。

常に最新の情報を取り入れることを心がけていきましょう。

もう国も医者も守ってくれる保証はありません、自分の身は、自分の家族は自分で守るといった気持ちでいないといけないかもしれません。

僕のこの記事ももしかしたら古い情報になりかねません。気付き次第しっかりと更新して正しい情報を提供できたらと思います。

医学的専門的なことは僕は専門家ではありませんので書けませんが、出ている情報を簡単にまとめてはいます。

まだ、認知が足りない方もいらっしゃるかと思いますので、良ければSNSを通じて拡散をしていただけたら助かります。

 

いやあ、本当に怖いですね。無事で入れるように頑張って乗り切りましょう・・・

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Copyright© REREBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.