人気記事 資格

【知っておこう】金融業界で役立つ資格を証券マンが厳選【おすすめ】

RERE
これから金融業界で働くけど、何か資格を持っていた方がいいのかな?
HAT君
僕は銀行に入社するけど、いまいち持っておくべき資格が分からないなあ
RERE
どんな資格があればスキルアップして年収が上がるのか知りたい

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

本記事のテーマ

【知っておこう】金融業界で役立つ資格を証券マンが厳選【おすすめ】

イメージしている読者像

・これから金融業界で働く方

・スキルアップしたいけど、どんな資格を持つべきか分からない方

記事の信頼性

・2社の証券会社にて勤務経験あり

・そのうち1社では銀行系証券会社で、銀行員さんから持っておく資格について情報を得ている

 

読者さんへの前置きメッセージ

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では、金融業界で役に立つ資格を重要度という点でカテゴリー別に紹介していく記事になります。

 

また、次のような悩みや疑問をお持ちの方をイメージして記事を書いています。

・これから金融業界で働くにあたって、有利な資格を取得したい

・既に働いているが、資格を取得してスキルアップをしていきたい

・上司や同僚より出世をして、年収を上げていきたい

・いざという時に転職するのに持っておいた方がいい資格を知りたい

 

資格というのは、ただの知識レベルを証明する道具でしかありません。

本当に重要なのはそこで学ぶ知識やスキル。

でも、悲しいことに現在の我が国では、その能力を見抜ける人は極めて少ないです。

だからこそ、資格という証明する道具がなければいけない。

 

これから紹介する資格は持っているだけで人生が変わるくらいの効力を持っています。

面白いことに大企業であれ、中小企業であってもこれだけ長く資格は有利と言われていても中々取得する人は増えていない。

「自分には無理だ」「今の業務で精一杯」「年次を重ねれば少しは年収が変わるから努力はいらない」

様々な意見があると思いますが、僕が実際に見てきた結果がこういった人たちで社内は溢れていること。

 

だからこそ、周りとの差別化をするためには資格を取得する必要があります。

また、資格を持っていることでメリットが他にもあります。

・万が一勤め先に何かがあって転職する時、経歴と共に有利に自分をアピールすることができる。

・あなたが思っている以上に資格を持っている人への信頼感は凄まじく高いものです。

 

本記事を読むことで、あなたが取るべき資格を発見することができ、取得までの合理的な道のりを知ることができます。

 

記事構成は以下の通り。

・前置きメッセージ

・紹介する資格を3つのカテゴリーに分けて紹介(必須・有利・差別化)

・おすすめの資格スクールについて

という3つの大きな段落に分けて話していきます。

 

それでは前置きメッセージはこの辺にして、次は早速ですが、2段落目のおすすめの資格を順に紹介していきます。

 

おすすめの資格〜必須編〜

こちらでは、おすすめというよりかは入社するにあたって必須な資格について紹介していきます。

有利な資格を勉強しておくことは重要ですが、入社を控えている人は早めに取得しておいた方がいいかもしれません。

・銀行業務検定・・・銀行入社の人

・証券外務員・・・証券会社入社の人

・生命保険(一般・専門と変額)・・・業界共通

・損害保険・・・業界共通

RERE
是非入社前に取得しておきましょう

 

銀行業務検定

通称「銀検」と呼ばれる検定試験です。

簡単に言うと、銀行などの金融機関が業務遂行のための実務知識をどれだけ身につけているのか証明する資格になります。

その銀検ですが、約36種類あります。

そのうち今回は主要となる3つを推奨しています。それがこちら。

・法務

・財務

・税務

この3点をおすすめしています。

難易度

3級・2級・1級と数字が若くなるほどに難しくなりますが、まずは3級を取るだけで大丈夫でしょう。3級であれば比較的誰でも取れるレベル感です。

合格率

種類があるのであくまで総合的な平均ですが、3級であれば30%前後の合格率と言われています。法務の2級を除いては満点中の60%以上の得点で合格になります。

今の所銀行員の方は必須になってくる資格のなので、早めに取っておくことをおすすめします。

RERE
何だか難しそうだけど、持ってたらかっこいいなあ

 

 

証券外務員

一見名称が難しそうなので苦手意識を持ってしまう方もいるこの資格。

簡単に言うと、証券マンや銀行マンといった金融業に携わる人の免許証のようなものです。

こちらの資格を持っていなければ電話の取次ぎや書類管理などの基本的な業務を遂行することができないんです。

最近では入社後に取る会社も多いみたいですが、どうせ取るなら早く取ることが望ましいと言えます。

難易度

二種・一種とあり、一種の方が難易度は高くなりますが、比較的難しめと言えるでしょう。金融の知識がある方はそこまで難しいと感じないかもしれないです。

合格率

二種も一種もおおよそ7割以上の正解率で合格することができます。

○二種・・・合格率は50〜60%ほど/300点満点のうち210点以上で合格

○一種・・・合格率は40%ほど/440点満点のうち308点以上で合格

入社後は研修など覚えることが多くなります。少しでも効率よく業務をこなすためにも入社前に取得することをおすすめしたいと思います。

 

証券外務員についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

【保存版】証券外務員一種・二種とは何か【簡単】

RERE
この試験範囲は今後の難易度の高い資格試験でも重要になってくる内容です

 

生命保険(一般課程/専門・変額課程)

 

こちらは保険会社の方は必須の資格試験。

また、銀行や証券会社も今では保険商品を取り扱うのは当たり前になってきています。

そのため、会社として必須の資格になってきている傾向があります。

こちらも免許証のようなもので、無ければ保険商品について携わることができないです。

自分の人生でも役に立てるような知識ですので、時間に余裕があればチャレンジするのもいいでしょう。

難易度

正直、当記事で紹介する資格の中では最も簡単に取れる資格になっています。

過去問を中心に練習するのがベスト。

合格率

○一般課程の合格率は約80%ほど。合格点は満点中70%ほど正解すればOK

○専門課程の合格率は約70%ほど。合格点は満点中70%ほど正解すればOK

○変額課程の合格率は約90%ほど。合格点は満点中70%ほど正解すればOK

こちらも入社後に受けさせてもらうことができますが、ぶっちゃけ時間の無駄でした。

というのも、比較的簡単ではありますが、入社後は覚えることも多く、先輩から学ぶこともたくさんある中で勉強する必要がある。悪いことではないですが、そこまで要領が良くなかったので、コスパが悪いなあと思ったりしてました。

好き好きですが、前もって知識を持っておくだけで同僚よりも有利な立場でいることができると思います。

RERE
とにかく過去問をどれだけ繰り返すかゲーです

 

損害保険募集人一般試験

意外と注目されない損害保険募集人一般試験という資格をご存知でしょうか。

一つ前に紹介した生命保険に類似しているようなもので、損害保険に関する商品をお客様に提案するにあたって持っていなくてはならない資格です。

こちらも昨今の銀行や証券会社でも必須になってくる試験です。あまり知識として持っていない方がほとんどなので、先取りして勉強するとお得かもしれません。

難易度

難易度としては比較的難しいです。ですが、他の資格試験と違って、こちらの資格はパソコンを使って試験を行います。

その際に画面上にテキストが表示されて答えが載っている状態で試験ができます。どういった内容なのか、問題がどの項目についての問いなのか把握すれば合格にグッと近づくことができます。

合格率

○合格率は90%ほど/100点中70点以上の得点で合格。

いかがでしょうか。90%っていうとほとんどが受かる想定。残りの不合格者は欠席者やよほどやる気がなかったと予想できますので、ほぼ合格できる算段です。

とはいえ、勉強していて思ったことが、知らない知識を多く学ばないといけなかったので、前もって勉強しておけばなと思ったこともあります。

RERE
画面にテキスト出るからと油断は禁物です

 

おすすめの資格〜有利になれる資格編〜

前の段落までは、おすすめというよりかは必須になってくる資格を紹介させていただきました。

こちらの段落で紹介する資格はあれば有利になれるものをお伝えしていきます。

誰もが聞いたことのある資格ですし、このうち1つくらいは結構もってる人も多かったりします。

しかしながら、2つ以上もってる人はあまり存在しません。

多くの金融機関では評価されやすい資格なのに、皆積極的になれない理由が「難しそう」「今から勉強するのは面倒」「独学じゃ厳しそう」という思いから動き出せない人が多くいらっしゃいました。

ここで2つ以上を取得することができれば、社内評価は上がり、出世に近づけることとなります。ガチです。

・FP2級(AFP)

・日商簿記2級

・宅地建物取引士

・中小企業診断士

・プライベートバンカー

RERE
ここのレベルから同期と差をつけていきたいところです

 

ファイナンシャル・プランナー(2級・AFP)

これは是非とも鉄板級で取るべき資格だと個人的に思っております。

昨今では金融業界では若手に限らずに取得することに力を入れている傾向もあります。

金融全般の知識を学び、相手のライフプランを総合的に良い方向にできるように提案をしていくことを求められるもの。

つまりは、社会的に認められた金融の総合的なプロのライセンスになります。

とはいえ、試験的には筆記試験なので直接提案する能力を求められるわけではありません。

難易度

難易度としては、難しいです。勉強すれば問題ないとは言いつつも、なかなか合格にならない人も多いのが2級。学科と実技の2段階で合格を目指すのですが、やや学科の方が難易度としては高い印象です。

合格率

・学科の合格率は約43.44%(直近3年分の平均)/60点満点中36点で合格

・実技の合格点は約55.89%(直近3年分の平均)/100点中60点で合格

学科試験は選択問題、実技は選択問題と計算問題が出題されます。

年に3回も受けることができるため、積極的にチャレンジすることをおすすめします。

独学でも十分に合格できるので、金融業界に身を置く以上保有しておくと有利になることは間違いありません。

RERE
この資格を持っているだけで自信が一気についていきます

 

⬇︎資格についての説明と合格までの道のりについては下の記事⬇︎

【徹底攻略】FP2級に合格するまでの手順を無料公開【AFPとの違いは?】

 

日商簿記2級

ベタではありますけど、やっぱり簿記は強い。

いわゆる財務諸表をどれだけ読み取ることができるか、作成することができるかを確認する資格になります。

3級でもいいんですが、2級の方が実用的で、社内でも評価されやすい傾向があります。

大人気な資格なイメージでも取得してる人は以外にも少ない。だったら知名度もあるし取るべき!!

難易度

そこそこ難しいです。軽く見たり、しっかりと理解をしておかないと合格はできないでしょう。

独学でも気合いを入れなければ合格しにくいので、計画的に勉強しなければいけません。

合格率

毎回変動しますので、幅でいうと12.7〜47.5%ほどの合格率になっています。合格点は7割の正解率になります。

こちらも年に3回受験する機会があるので、積極的に狙いたい資格であります。

合格率にばらつきがある通り、難しい時と簡単な時の波があるみたいで、その辺の読みも重要かもしれませんね。

何はともあれ、知名度の割に取得者が少ないので、社内でも転職でも有利になる資格になることは間違いありません。

RERE
実は持っているだけで上司に凄いと言われたりします

詳しく知りたい方、合格までの手順も無料で公開中!!

 

【徹底攻略】簿記2級に合格するまでの手順を無料公開【日商簿記と工業簿記の違いとは?】

 

宅地建物取引士

通称「宅建」と呼ばれる資格。

国家資格なので、社会的にも評価される効力のある資格です。

不動産業界では必須の資格と言われ、今では金融業でも不動産の仲介をしたりもあるので、不動産屋さんに限らずに注目を浴びている人気の資格です。

特に銀行員や証券マンといった営業員で宅建を保有をしていると富裕層に評価されたりします。はっきりと理由はわかりませんが、国家資格というだけあって、良い印象もつくようです。

難易度

比較対象をその他の国家資格とすると、普通レベルと言われています。

年によって難易度も変化しやすいのですが、個人的には選択問題のみの割には難しいと思います。

合格率

平均は約15〜17%/50点満点中??点

こちらの資格は何点取れば合格という基準がありません。

合格率を見ての通り、上位の15%に選ばれるくらいの得点率でなければ合格はしないということ。

全然点が取れなくても、平均が低ければ合格ができるということ。逆も然り。

とはいえ、独学でも十分に合格を狙えるので、同僚に差をつけるのに適した資格かもしれません。

RERE
実はあえて不動産業以外の方におすすめしたいものです

 

【徹底攻略】宅建に合格するまでの手順を無料公開【独学でも可能です】

 

中小企業診断士

こちらは良い意味で意識高い系の人だったら耳にしたことがある資格だと思います。

簡単にいうと、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言をする専門家の必須資格です。

コンサルや企業内でも取得者は活躍する場が多くなるので、密かに人気のある資格です。いずれ独立を考える方もおすすめです。

特に若い人ほど取得していると「お、すごいな!」と評価されることは間違いありません。

難易度

難しいです。

全部で7科目の合格と二次試験を要します。

7科目も3年以内に全て合格するという条件からしても簡単ではないことが読み取れます。

合格率

・一次試験の合格率は約23.5%/各科目60%以上の得点率があれば合格

・二次試験の合格率は約18.8%/一次同様に各科目で60%以上の得点率、口述試験においても評定が60%以上の得点率で合格

既に取得している資格や現状の立場によっては免除される科目もあるのでしっかりとチェックして計画をしなければ、合格が遠のいてしまうかもしれません。

必須の資格試験やその他のおすすめの資格を取得後であれば基本的な知識は身についているはずなので、そういった方は合格しやすいかもしれません。

若手からベテランまでかなり「できる人」という印象がつくほどに効力の強い資格なので、差をつけるのにおすすめの資格です。

RERE
会社から優遇されることが多いみたいです。お金とか・・・

 

プライベートバンカー(PB)

おそらく聞きなれない資格だと思われるこの資格!

金融業界では最近聞くようになってきている営業員向けの資格になります。

プライベートバンカーとは、ざっくりというと、富裕層の人に投資を始めとした資産運用のお手伝いをする人。

富裕層は数多くの資産をもっているため、どの金融分野においても熟知していなければいけないので、それを証明する資格だと認識してもらえたらと思います。

未だ注目を浴び始めたということもあって、受験者数少ないので先取りという感覚ですね。

ちなみにPBコーディネーター(初級)、プライマリーPB(中級)、シニアPB(上級)という3段階に分かれており、今回は真ん中のプライマリーPBを紹介します。

難易度

プライマリーPBは中級者向けのランクになりますが、基本的な金融知識があれば多少の努力で合格できるはずです。比較的簡単と言えます。

合格率

プライマリーPBの合格率は約76.4%/合格点は未公表ですが約7割の正解率だと言われています。

まだ1,000人弱の取得者数と規模は小さいですが、大手の証券会社を中心に先取りしている注目されてくるであろう資格だと言われています。

今後注目されれば、難易度も上がるかもしれないですし、平均点計算になると今のうちの方がおすすめかもしれません。

社内でも評価され、部署によっては一気に出世ができる可能性も出てくるでしょう。

合格もしやすく、仕事の片手間でも勉強ができるのでおすすめしたい資格の一つです。

RERE
これから更に注目される前にサクッと取れるうちに取っちゃいたいですね

 

おすすめの資格〜差別化できる資格編〜

さて、最後に「差別化できる資格」ということで、2つの資格を紹介していきたいと思います。

これまで必須で取るべき資格、あれば昇進に近づきやすくなる有力な資格と説明してきましたが、これから紹介するのは取得している人が社内で少ないと思います。

ですが、持っていれば必ず評価される資格ですし、いざ転職しようにもどの業種でもパワーを発揮することができる資格です。

結論、この2つの資格です。

・証券アナリスト

・FP1級/CFP

聞いたことはあると思いますし、FP1級なんかはこれまでの紹介の中にFP2級が含まれていたので、なんとなくわかると思います。

FP1級/CFPに関して言えば、桁違いに難しいです。

取得さえすれば圧倒的な差別化をすることができます。

年収が上がる、出世できる、新たな道に進めるなどと確実にスキルアップすることができます。断定的に言えます。

RERE
本当に社会的に上級の人財になれる資格ですよ!

 

証券アナリスト

おそらく証券会社に勤めている、もしくは入社予定の方は聞いたことがあると思います。

簡単に言えば、金融の市場を分析して調査すること。

それは株式の市場だけではなく、債券や商品市場と幅広く専門とするもの。

よくテレビなどのメディアでもプロの目線で分析内容をグラフ使って説明していたりしますが、そういった方もアナリスト。

社内にいたことある人なら分かりますが、社外秘で株式などの分析情報を社員に教えていたり(怪しいものではなく、あくまでアナリストの見解)することもあります。

そんな金融のプロ中のプロなので、金融業に限らずにどの業種でも需要があります。いわゆる景気の流れを読めるわけですからね。

金融業なら上の人たちが取得している人を放っておけないはずです。会社での自慢となる人材でもありますからね。

そんな効力の強い資格なので、めちゃくちゃ難しいんじゃないかというイメージがつきやすい。

その辺どうなのか。

難易度

難易度は高めではありますが、難関国家資格などと比較をすると合格はしやすいくらいです。

ぶっちゃけ、他の資格同様に計画を練り、しっかりと対策をすれば受かります。

合格率

・一次試験の合格率は約53%/合格点はその時の上位得点者の平均得点を基準に決まる。

・二次試験の合格率は約48%/およそ60%ほどの得点を到達すれば受かる傾向

※当然二次試験は一次試験の合格者しか受験することができないので、実質総合的に25%ほどの合格率になります。

いかがでしょうか。たしかに難易度としては難しめです。

でも、税理士や弁護士の資格と違って、努力はしやすく、受かりやすいと考えると実は出世して年収あげたい人にはコスパの良い資格になります。

高確率で名刺にも載せられるので、イメージアップは間違いありません。

RERE
これを取得したら問答無用でプロとしての意見を言えますね

 

ファイナンシャルプランナー1級(CFP)

さて、当記事で最も取得を目指して欲しいと思っているのはこちらのどっちかの資格。

FP1級は国家資格、CFPは民間資格ですが、国際的な効力を持つ。

いずれも知識レベルは同等で、知名度も同じくらいです。

環境に応じて合った方を取得すればいいかなと思います。

違いに関しては別記事で紹介します。

もし、この取得があれば社内では絶対的に評価され、優先的に出世枠に入ることができると思います。

また、何よりもスキルアップでの転職、開業にも有効でとにかく万能かつ最強な資格です。

もちろん、めちゃくちゃ難しく、諦める人も多い。

けど、激しい出世競争に裏でこの資格取得に向けて勉強を進めることは、ただ社内で結果を出し合うよりも効率的です。

難易度

とにかく難しい。生半可な勉強量では合格がしにくい。計画的な長い目を見ての勉強が必要。

合格率

FP1級

・学科はここ最近の合格率は約10%前後/200点満点中120点以上の正解率が必要

・実技はここ最近の合格率は約85%前後/面接型のため、具体的な点数とかは不明

CFP

・主に6分野に分けてそれぞれ筆記試験で各合格率は30〜40%ほど/合格ラインは設けられおらず、上位に入る必要がある

いかがでしょうか。

意外と「あれ?わんちゃん余裕そう」などと思う方もいるかと思いますが、そこそこ難しいFP2級やAFPの知識がついている人しか受験していません。

その中での合格率と考えると結構ハードであることは分かります。

とはいえ、もし取得することができれば名刺やバッジ、履歴書などにも堂々と証明することができ、想像以上の効力を発揮することができるので強くおすすめしたいです。

最終はFP1級/CFPを取ることを目標に頑張ることをあなたの人生の選択肢の1つに入れていただけたらどうかと思います。

RERE
金融業界において無敵の資格!社会的に尊敬されるくらいのレベルです

 

おすすめの資格スクールを紹介

 

最後におすすめの資格スクールを紹介していきたいと思います。

独学では厳しいか?という声も多いですが、ぶっちゃけ独学でも合格できる人はたくさんいます。

では、何のために資格スクールを活用すべきなのか。

主な理由はこちら

・効率的で的確な勉強ができる

・最後までやり抜くことができる

他にも理由となることがあるかもしれませんが、僕としてはこの2点が大きいのではないかと。

 

何よりも効率的に勉強できることは最大の魅力ではないでしょうか。そりゃあ時間をかけて膨大な量を勉強すれば独学でも戦っていけます。

ですが、正直なところ、時間と労力が無駄ということに気づくべきだとも思ってしまいます。

お金はたしかにかかるけど、それって自己投資で最後は回収できると思うからです。つまり、時間と労力をお金で買うという意味。

 

とはいえ、資格スクールは安くないので「そんなこと言われても資金が・・・」という人もいるのはたしか。

それぞれ事情はあるとは思いますが、できれば資格スクールの活用をおすすめします。

僕は独学と資格スクールをそれぞれ経験しましたが、もし次選択するなら資格スクールを選ぶと思います。

短時間で最大限に的確な勉強ができるため。また、分からないところも先生に質問することもできますからね。

RERE
活字だけで学ぶよりも耳を使うことができるのはインプットも捗ります

 

では、僕がおすすめしたい資格スクールは以下の3つです。それぞれニーズがあると思うので、本当に良いスクールを厳選しました。

・TAC

・クレアール

・資格対策ドットコム

それぞれ紹介していきます。

 

TAC

資格スクールといえばTAC!というくらい知名度も実績もあるところです。

金融に限らずにあらゆる分野に長けたエリート学校というべきでしょうか。

その分、料金も高めに設定はされていますが、分割で支払うこともできることから人気は絶えずに圧倒的な人気を誇っております。

もし資金よりも、効率や実績を重視したい方は迷わずにTACを選ぶべきかなと思っております。

実際に足を運ぶ通学スタイルからDVDやネットで受けるなどと生活スタイルに合わせた選択ができるのも強みです。

 

繰り返しますが、参考書も出版するほど実績がありますので、一番のおすすめはTACになります。

ニーズとしては【とにかく効率を重視】【実績を重視】【確実に合格したい】だと思います。

RERE
絶対的王者、安心して身を預けましょう

 

⬇︎TACで自分に合った講座を選ぶならここから⬇︎

TACで講座を申し込みたい方はこちらから

 

クレアール

資格★合格クレアール

 

意外とマイナーかもしれませんが、実績もあり、人気も出てきているクレアール。

僕は利用したことがありませんが、証券会社に勤めていたころの同僚が利用していて、わかりやすくまとめられていて、とにかく勉強がしやすいとの評価をしていました。

FPに関してはたしかにテキストが綺麗にまとまっており、市販の参考書よりも効率的で、サポートも充実していることから注目されてきているスクールです。

もし僕が次に資格をチャレンジする機会があればクレアールのスクールを活用してみるかもしれません。

ニーズとしては【料金を抑えたい】【実績を重視したい】だと思います。

RERE
密かに利用されているクレオール、たしかに実績が強め

 

とりあえず資料を無料でもらうことができるので、サイトに行って資料請求してピンとくれば入校してみるといいかもしれないですね。

⬇︎資料請求はこちらから⬇︎

クレアールで資料請求をご希望の方はこちらより

 

スタディング

 

ここ最近電車の広告でも見かけるようになった「スダディング」

電車通勤の人や隙間時間で効率的にスマホを使って勉強をしたいという方にはピッタリのスクールです。

他でもスマホを使うことができるスクールはありますが、スタディングは特化しているのでコスパが最強。

とにかく格安で信頼感のもと、合格に向けて学習することができます。

ニーズとしては【資金を抑えたい】【スマホでちょっとした時間で勉強したい】だと思います。

RERE
学生さん、若手社員はこういった現代に合ったものを利用するのも大ありです!

 

⬇︎自分に合う講座を選ぶならこちら⬇︎

スタディングで講座を申し込みたい方はこちらより

 

 

まとめ

資格といっても様々な種類があり、どれが有力で出世に繋がりやすいかなんて働いていかないと分からない方がたくさん。

そこで、今回は証券会社で勤めていてからこそ知っている情報を元に使える資格を紹介させていただきました。

 

RERE
ぶっちゃけ、難易度が高ければそれだけ認められます。

 

ですが、勉強すれば誰でも取れるような資格を積み上げていくのも会社からすると信頼につながります。

信頼につながれば責任ある仕事をさせたいと思うもの。

意外と働くと仕事の成果だけで出世を試みようと思ってしまうのが普通ですが、影の努力で取得できる資格も同様に使えることは知っておきましょう。

 

もし僕が入社前の状態だったらとにかく資格の勉強に励んでいくと思います。

若手なのにこんな資格を持っているの?そんな意外性も会社に見せたいと今だからこそ思えます。。。

 

最後に資格スクールも紹介しました。

書かせていただいた通りですが、社会人になればそれだけ時間は有限です。

いかに効率よく確実に取っていくかが重要になってきますので、是非資格スクールを利用することを推奨します。

 

RERE
最後までありがとうございました。

Copyright© REREBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.