未分類

【FP試験】もうすぐ試験!準備はできていますか【不安や緊張】

【FP試験】もうすぐ試験!準備はできていますか【不安や緊張】

 

お久しぶりです。

明けましておめでとうございます。もう遅い挨拶ですね。笑

しばらくバタバタしていて投稿が止まっていましたREREKABLOGです。

 

もう記事タイトルに書いてありますが、もうすぐ2020年度の1月受験であるFP試験がやってきます。

 

今回受験される方は正直自信に満ち溢れている方もいれば不安や緊張を感じている方もいるかと思います。

 

僕なんかは後者の不安や緊張を感じているタイプの人間でした。。。

正直、当時の心情を思い出すとあまり良い気はしません。笑

 

今回はそんな不安や緊張を感じている方向けの記事になるかもしれません。

むしろこの記事を見てくださっている方の中に自信があって余裕がある人は来ないかと思います。。。

 

今回は

・不安や緊張を感じている場合どうしたらいいのか

・試験までの残り日数の過ごし方

・応援メッセージ

 

の3本立てでお話ししていきたいと思います。

モチベ的な内容になりますので、昼食や寝る前の休息の時間にちらっと見ていただけたら嬉しいです。

 

不安や緊張を感じている場合どうしたらいいのか

 

FP試験まで残すところ13日と2週間を切る形になりました。

受験生の多くの方が緊張していると思われます。

 

決して安くない受験料、勉強するにあたっても参考書や中には資格学校を利用された方もいるかと思いますが、試験にお金をかけた分無駄にしたくないという思いで緊張しているっていう方もいますよね。

 

僕の場合は当時某証券会社に務めており、会社から受験するように言われており、お金も出してくれていたのですが、何よりも合格しなければ公開処刑をされてしまうという恐怖もあって試験日が近づくと異常な不安と緊張を抱いていた記憶があります。

 

いっそ、一発で合格できたら天才!みたいな難易度の試験であれば落ちてもヘラヘラできるのになあと思ったりしてました。

 

勉強すれば合格が出来るのは良いかもしれませんが、それで合格した先輩が「受からなきゃやばいよ」みたいにプレッシャーをかけてくる空気感がたまらなく嫌でした。

今でも思い出すと手汗が出てきます。笑

 

ちょっと話が逸れましたが、そういう会社関係の問題で受験する方も多く、ドキドキしているかと思います。

 

でも、結論言うと、不安や緊張をするのは当然のことだし、不安や緊張をすることで合格に近づけると僕は思っています。

 

FP試験では2級も3級も試験内容的にひっかけ問題が多い傾向にあります。

 

不安や緊張をしている方の方が「これ間違いないよね」「念の為見直しておこう・・」などと警戒心が強くなるからです。

 

自信ある方であればあるほど不思議と問題を解き進めていき、「出来た!まあ合格圏内だろう」と見直しが甘くなったり、そのまま伏せて寝てしまったりとケアレスミスをしてしまう要因を作る気がします。

 

大学受験で実際に僕も同じように解き進めて寝てしまってケアレスミスで不合格なんていう地獄を味わった記憶があります。

 

 

不安や緊張を払拭することはおそらく出来ないと思いますし、過度なものでなければ当日までそういう状態でいた方がいいかもしれません。本人からしたら辛いからこういうブログを読んでいるのにっていう気持ちかもしれませんが。

 

それにお金をかけるのと同様に勉強をすればするほど緊張はしてくるかと思います、ここまで勉強に時間と体力を費やして不合格は嫌だという気持ちからですね。

 

それでも勉強をやりきらないと難しい試験ではありますから、ジレンマといった感じですね。

 

つまり、不安や緊張を感じている方はそれだけやれるだけのことをやってきた証拠でもあるので、払拭しようとするのではなく、それだけやったんだという勲章だと思って試験の当日を迎えて欲しいなと思います。

 

試験までの残り日数の過ごし方

 

さて、受験予定の方はもうカウントダウンをしている人が多いかと思います。

FP試験日が2020年1月26日(日)ということで残すところ13日と2週間を切りましたね。

 

多くの方が一通り分野ごとの学習も終わり、ひたすら過去問や予想問題を解きまくっている時期かと思います。

 

中には僕も似たようなものでしたが、ほとんどふわふわな状態で焦りだけが先行して学習ができていないという方もいるかと思います。

 

結論をお伝えします。

 

・過去問や予想問題の作業に取り掛かれている方はそのまま継続せよ

・学習が不足してふわふわしている方も過去問を徹底的に解き始める

 

まず、既に過去問や予想問題に取り掛かれている方に関しては、僕の中でひたすら試験日まで継続して解きまくるしかないです。

あとは解いている中で苦手な分野をおさらいするってことを繰り返していけばFP試験の準備としてはOKかと思います。

 

では、勉強が足りず、よく理解もできていない、焦りと不安の気持ちだけが先行している方に関しても僕が推奨する試験日までの過ごし方は1つのみです。

前者の過去問や予想問題に取り掛かっている方以上に【過去問】だけを解いてください。

 

予想問題も必要ないですし、苦手な分野を改めて勉強をし直さなくて大丈夫です。

大丈夫というかそこまですると間に合わなくなるため、必要最低限の準備をして試験日を迎えましょう。

 

過去問だけに集中する根拠としては、やはり似たような問題が同じように出題されるため、慣れることが大切だということ。

 

全く同じ問題が出ないにしろ、試験の出題傾向は一緒なので分野ごとに勉強するよりも過去問を解いた方が合格にはグッと近づくはずです。

 

ここで中途半端に苦手な分野を勉強し始めたりすると、過去問を解く量も減り、効率が悪くなります。

時間に余裕を持って計画立てられる人がする勉強法ですからね。

 

もうここまで勉強できなかったことは色々事情があること。

出来ることを試験日まで集中してやることが重要だと僕は思います。

 

応援メッセージ

 

応援メッセージと言いつつも改めて言うならば「自分を信じて落ち着いて力を出し切ってください!!」の一言に尽きます。

大丈夫です。

 

もし心配をするならば当日の会場へのルート、天気、体調くらいです。

実力の面で心配することはないです。

 

会場に行くとギリギリまで参考書を広げ、見るからに頭が良さそうに見える人が多くいるかと思います。

 

でも、その人も内心は不安や緊張していますし、あなたのことを頭良さそうと見ているのが実際のところです。

 

そんなことよりも試験後はどう解放して遊んでやろうか、何を食べようかなどと考えている方がリラックスできるはずです。

 

仮に試験中に「こんな問題見たことない」「勉強したけど忘れちゃった」「一通り解いたものの自信ある問題はなかったな」などと大抵の人はなります。

僕もそうでした。

 

でも大丈夫です。落ち着けば大丈夫です。

 

改めて力を出し切って、自分を信じてFP試験に挑んでください。応援しています。

 

また、万が一ダメかもしれないとなっても、今回生で味わった試験を経験したことはどの参考書よりも有効です。

今回がダメならば次に受かれば良いだけです。

 

会社都合で受ける方も先輩や上司に合わせる顔がないなんて思わず、胸を張ってください。長い人生を見ればその気持ちも一時的なもの。でも次取れば長い人生でずっと手にしている資格になります。

 

結果はどうあれ、最終的に受かれば勝利です。

 

皆さんが納得のいく試験になるように心から応援しております。

 

みんなファイトーーー!!!!

Copyright© REREBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.