コラム

【FP3級】FP3級とは?独学でも受かるのか【事実】

【FP3級】FP3級とは?独学でも受かるのか【事実】

 

いつもREREKABLOGをありがとうございます。

 

今回はFP3級について分かりやすく、どんな資格なのか解説していきたいと思います。

 

この記事を見てくださっている方はこれから取得をする方がメインだと思いますので、そういった方目線で話をしていきたいと思います。

 

自分は証券会社に勤めており、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格取得が必須でした。実際取得をしたのが会社で定められた2級までを取得している状態です。

 

おそらくこれからは銀行や保険会社といった金融機関は必須になってくるのかなと思いますね。

 

まずFP(ファイナンシャル・プランナー)とは何?

 

FPFPって言うけど、そもそもなんなのか。

 

テキストなんかでは難しく書いてあったりしますけど、要は「総合的に金融知識がプロであり、相談者に合った人生設計をサポートする専門家」のことをFP(ファイナンシャル・プランナー)と呼びます。

 

それは保険であったり、株式などの証券知識であったり、相続知識であったり・・・・

様々な分野の知識を保有しているプロになります。

 

実際のファイナンシャル・プランナーとして仕事をしている方は1級を当然保有しており、実務経験が豊富なので、資格を取れたからといってすぐに本当のプロになれるわけではないのが現実です。

 

冒頭にも書きましたが、昨今金融業界では様々な金融商品を取り扱い、専門外の金融知識も必須になってきているのが現状です

 

実際に僕も証券会社にいながら保険を販売したり、相続に関する手続きも受けていたりしていました。

 

今後さらにこういった事が広まっていく可能性が高いため、どうしてもFPの資格が必須になってきます。

 

ちなみにこれから受けるという方がいましたらこのブログを読んでからすぐに取得に向けて勉強を始めて欲しいと思います。

 

理由は過去に比べて試験の範囲も広がってきており、必要とされる知識量が増えてきているため。

 

つまり、どんどん難しくなってきています。

 

とはいえ、結論をいえば2級までは誰でも独学でしっかりと合格する事ができます。

 

特に3級は勉強不足の状態でもふわっと分かっていれば受かる人もいるほどなので、確実に取っていきたい資格ではあります。

 

厳しいことを言うのであれば、3級が落ちる方は勉強不足という風に見られてしまうのが現実です。

 

FP3級の合格率はどのくらい?

 

試験機関の違いで多少変わってきますので自分が受ける機関の方をチェックしていただけたらなと思います。

 

日本FP協会

年度学科の合格率実技の合格率
2019年5月69.07%86.42%
2019年1月74.09%83.38%
2018年9月78.63%86.50%

きんざい(金財)

年度学科の合格率実技の合格率
2019年5月42.76%54.35%
2019年1月51.91%56.21%
2018年9月61.64%51.46%

 

※金財に関しては法人の申込者が多かったり、専門性の高い出題が多かったりするため、低くなってます。

 

日本FP協会の方を参考にしていただきたいのですが、70〜80%で合格できる事がわかります。

 

それも試験では全くやる気のない人、欠席者も含まれますので、実際もう少し高い合格率になるんじゃないかなと思います。

 

要は落とすための試験ではなく、FPの入門として最低限知っておきたい知識を確認するための試験になります。

 

この3級がしっかりと知識がついていれば2級の苦労も大分変わってきますので、しっかりと勉強をしましょう。

 

FP3級の試験内容について

 

学科試験に関してはFP協会もきんざいも共通で以下の内容から出題されることになります。

 

ライフプランニングと資金計画(社会保険や年金などの知識)

•リスク管理(名前の通りどうリスクをヘッジしていくかという知識)

•金融資産運用(どうしたら上手に投資をする事ができるかという知識)

•タックスプランニング(所得税や住民税などの税知識)

•不動産(不動産取引についての基礎知識)

•相続や事業承継(名前の通り相続や贈与といった基礎知識)

 

の6分野から出題される形になります

 

実技試験については若干FP協会ときんざいで変わってきます。

 

【日本FP協会】

資産設計提案業務について(倫理を踏まえてプランニングのプロセス、顧客の状況分析と評価について)

【きんざい(金財)】

個人資産相談業務(個人的なライフプランに関する事)と保険顧客資産相談業務(生命保険など保険全般に重点をおいた出題)の2つから1つを選ぶ形式です。

 

独学で合格する事ができるのか

 

結論、独学で合格する事ができます!!

 

むしろ3級は独学で勉強した方がコスパが良いです。

 

あまり舐めてかかると落ちる可能性もありますが、しっかりとテキストを読んで過去問を何度か解けばほぼ合格する力は身につきます。

 

実際僕も3級においては短期間での勉強で3級は合格する事ができました。

約1週間、1日2・3時間程度の勉強を毎日しておりました。



おすすめの教材

実際に評判も高く、これを1周2周すれば合格圏内に入れるくらい的確に構成されていますし、何より分かりやすい!!

 

そんなテキスト・問題集を紹介します。それがこちらです。

2019-2020年版 スッキリわかる FP技能士3級 [ 白鳥 光良 ]

価格:1,540円
(2019/10/15 09:38時点)
感想(0件)

image2.jpeg

TACより発売されております【スッキリわかるFP技能士3級 テキスト+問題集】

 

各項目内での頻出問題や重要度、キーワードの丁寧な説明など初学にはピッタリの内容となっております。

 

中身はこんな感じ。

 

出題率や難易度が丁寧に書かれていたり・・・

 

 

各項目の説明後にポイントを押さえた問題演習もあって知識をしっかりと定着させることができます。

 

ちなみに2冊写っている画像では過去問+予想問題もありますが、確実に受かりたい方はこちらの購入も推奨いたします。

 

今後2級を受験する方も基礎から学びたい方におすすめの教材になります。

 

もし本屋さんが近くにある方は足を運んで読みやすいものを選ぶのも良いと思います。

 

3級もTACなどの資格学校でコースがありますが、難易度に比べて割高ですので市販されているテキストで勉強する方が良いと僕個人では思っております。

 

最後に

決して小学生でも受かるような簡単な試験ではありませんが、ふわっと勉強するだけでもある程度は点数取れてしまうのがFP3級です。

 

甘く見てはいけないのが、難易度が一気に上がるFP2級でも必須な知識になりますので時間がある方は3級から着実に力をつけて、2級から勉強する人よりも有利に勉強をスタートできます。

 

よく本当?といわれたりしますが、ガチです。

 

実際、僕の後輩も2級から受ける人、3級を受けてから2級を受ける人では理解度のスピードが雲泥の差でした。当たり前ですよね、2級からの人は基礎が身についていないんですから。

 

何より、特に金融業界では確実に、絶対に必須な資格になってきます。

それが3級までなのか2級までなのかはわかりませんが、どんどん難しくなっていく試験ですから早く受けて金融のプロを目指していきましょう。

 

これから就活や内定を待っている方も取っておけば、それなりに評価を受けることもありますので是非受けてみることをオススメいたします。

 

勉強方法についてはこちらをご参照ください

【体験談】FP3級の試験合格までの勉強方法【効率よく合格点へ】

続きを見る

 

それでは最後までみていただきありがとうございました。

【REREKA】


人気ブログランキング

Copyright© REREBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.