人気記事

【簡単に解説します】人気沸騰中のNFTとは一体何なのか?【分かりやすい】

 

RERE
あちこちでNFTって聞くようになったけどなんなの?
HAT君
アートとかゲームとかNBAとか色々あるけど、どういうこと?
RERE
あと、これからNFTを知っておいた方がいいのかな?

 

こういった疑問についてわかりやすく解説していく記事になります。

 

解説をする前に記事の結論をまとめておきます。

ポイント

・NFTは簡単に言うと唯一無二の所有権を証明するのに使えるもの。

・誰でもオリジナルの商品やサービスをNFTを通じて市場に出して売買することができる。

・国内外の大手企業も続々と参入し、将来性や実用性も期待することができる。

NFTは少し複雑なためにポイントだけ見ても難しいと思うので簡単に解説をしていきたいと思います。



 

とにかくNFTとはなんなのか?

RERE
NFTってそもそも何かの略称なのかすら分かりません!

NFTとは略称なので正式には「Non-Fungible Token」と呼ばれます。

 

Non-Fungible

これは直訳すると「代替不可能な」という意味になります。

Token

これは直訳で「しるし、証拠品」といった意味になります。

 

RERE
繋げると「代替不可能な証拠品(しるし)」ってなるけど意味が分からないな。

 

では、身近のもので例えていきたいと思います。

ここに日本通貨である1000円札があるとします。

この1000円札、もしあなたの1000円札と交換をしたとしても価値は変わらないはずです。

これがいわゆる「代替が可能な証拠品」になります。

では、代替不可能なものとは何か。

ちょっと雑ですが、イチローのサインが入った1000円札があった場合。

その価値は果たして変わらずの1000円のままでしょうか。

おそらく通常の紙幣としての価値以上があるはず。(画像は雑すぎましたが・・・)

あなたの1000円札と交換をする場合に同じ紙幣でも価値が違ってきます。

これを「代替不可能な証拠品」と言います。

言い換えれば、唯一無二のものっていうことになります。

RERE
じゃあよく聞くNFTではアートが画像として売られ、さらには高値がついたと聞くけど、画像コピーしたら無料になるよね?
HAT君
それに唯一のものじゃなくて、代替がたくさんあるものになってしまいそうだなあ

 

これに対する答えが「そうであってそうでない」ということ。

たしかに画像である以上、不特定多数の人が画像をコピーして閲覧や利用をすることができるかもしれません。

しかし、NFTの特徴である代替不可能というのも実現することができるんです。

 

実際にNFTで購入するアートには購入者向けに「Cert.」と言われるシリアルコードが発行されています。

このシリアルコードこそが唯一のものとして証明をするものになるので、コピーで出回った画像と違って価値のある画像になるということです。

 

RERE
え、でもそのシリアルコードすらもコピーされたら意味がなさそう!

このNFTと言われる技術は、ブロックチェーンというインターネットの技術によって実現されています。

普段使用しているインターネットでは、たしかにコピーや複製が行われても証明のしようがありません。

しかし、ブロックチェーンという技術は世界中で利用する一人一人のパソコンでデータを常に保存して照らし合わせながら監視する仕組みになっています。誰かがコピーや改ざんをしてもすぐにバレてしまいますし、特定も可能です。

 

よって、現状ブロックチェーン上にNFTが存在する以上、代替不可能な物やサービスが実現できることになります。



 

NFTが人気沸騰してきている理由

RERE
NFTについては多少理解はできたけど、どうして最近注目されるようになったんだろう

実際にNFTの歴史は浅いものの、2・3年前から存在はしていました。

しかし、仮想通貨の時価総額や参入企業も少なく、活況とは呼べない状態でした。

 

RERE
どうして仮想通貨が関係するの?

NFTはブロックチェーン上で取引が行われる説明をしましたが、世界共通で同じブロックチェーン技術を利用しているのが仮想通貨になります。

世界各国の通貨ではなく、仮想通貨を使うことによって、ブロックチェーン上で通貨の流れが監視がされているため安全性の確保がされます。

 

その仮想通貨ですが、2020年を境に時価総額が凄まじく伸びました。

(こちらは仮想通貨取引所であるCoincheckよりチャートの引用をさせていただきました。)

 

ビットコインの上昇とともにあらゆる仮想通貨が時価総額を伸ばし始めていきます。

こうしたことで、仮想通貨への注目や期待が高まっていき、関係性の高いNFTにも自然と注目を浴びるようになっていきました。

RERE
なるほど。仮想通貨への期待としてNFTが注目されたというわけか

 

また、いくつか世界中でニュースになるほどのNFT取引がされたことも注目されてきている要因になっています。

 

NFTでデジタルアートが過去最高の落札額に!?
RERE
おそらくこのニュースをきっかけにNFTを知った人も多そう!

これはインド出身のシンガポールに居住しているスンダレサン氏が落札をしたという伝説です。

米国のアーティストであるピープル氏のデジタルアート作品が落札されたのですが、それがこちら。

RERE
もはや何が何だか素人には分からない・・・

こちらのデジタルアートを見た際に価値があると判断したスンダレサン氏は史上最高額である6930万ドル(日本円で約75億円)で落札したという。

また、ブロックチェーンが使われていることから嘘の話ではないことが分かります。

 

この超高額落札によって世界中で一気にNFTへの関心が高まるきっかけになったことは言うまでもありません。

 

まさかのスポーツ業界でもNFTが活用される!?
RERE
最近八村塁選手や渡邊雄太選手が活躍されているバスケットボールの最高峰であるNBAの伝説ですね!

最初はだれでもスポーツ分野が!?という反応になりますが、こちらはあくまでもトレーディングカードの話になります。

とはいえ、日本では馴染みがありませんが、米国ではNBAへの関心は凄まじいもので人気選手となるとグッズの入手も困難になるほどの人気スポーツ。

そのデジタル版であるトレーディングカードが高額で取引されているというニュース。

日本でイメージすると遊戯王やポケモンカードが連想されますね。ですが、このデジタルトレカでは絵や写真ではなく動画としてトレカになっているのが特徴。

 

そのスーパープレイのハイライトが選手ごとにパッケージ化されていて、ランダムになっている状態で購入するという感じでした。

もちろん通常のトレカとは違って発売する量が少ないため、そもそもパッケージを1つ購入するのも争奪戦になってきます。

調べたところ1パックが約10万円で2500以上の発売だったそう。

RERE
既にその時点で定価よりも価値がついてそう・・・

 

そこで、中でも実際に高額で取引された人気選手が「レブロン・ジェームズ」のデジタルトレカ。

動画ではなく画像になってしまいますが、こちらですね。

実際はこれがスーパープレイの動画となっているわけです。

こちらの取引額がなんと約2270万円という超高額で取引をされていました。

1パック10万円なので、およそ227倍の価値がついたことになります。

そのほかにも当然のように1000万円や数百万円での取引もあるので、購入チャンスがあれば試してみたくもなりますね。

 

これがデジタルアートに続く大きなNFTのニュースになったと考えられますね。

 

 

RERE
この2つのビッグニュースによって注目されたNFTの市場規模ってどのくらいなんだろう?

これはまだまだ始まったばかりという前提で考えるべきですが、およそ2億5000万ドル(約270億円)と言われています。

仮想通貨市場が2兆ドル超えというので日本円で換算したら・・・というレベルです。

 

まだ初動ともいえないNFTとしては更なる市場規模を拡大することが見込めます。



 

NFTの今後について

RERE
ここまで説明を聞いて興味を持ったけど、NFTの将来性ってズバリどうなの?

先に結論を言うと、まだまだ予想ができないレベルで拡大していくことは間違いないと個人的には思っております。

 

NFTは一見我々個人では取引するしか参加できないように思えますが、そんなことはなく個人でも商品やサービスをNFT通じて販売することができます。

実際にとある米国のバンドがNFTで作品を販売し、購入者には限定アルバムをプレゼントするといった事例もあるそうです。

さらには飲食でも活用され、米国のPizza Primeというピザ屋さんがNFTでデザインを販売し、購入者には一生のピザが無料になるという特典がついたり等。

RERE
もはやNFTを知らないと損する時代が来るのでは・・・

これも調べたら見かけた事例なので、まだまだ知られざるNFTが存在しそうですね。

 

また、日本だけでもゲーム業界を筆頭にセガなどがNFT参入の提携を開始したりするなど、今後の期待があるからこそ大手企業も続々と参入を決めていることが分かります。

RERE
なるほど、それは今後のNFTも明るい未来が待っていそうですね!

まとめ

RERE
よく分からなかったNFTも少しは理解することができた!

こんな人が1人でもいてくれたら嬉しいところですが、私も含めて実際に自分で手をつけてみないことには本当の理解は難しいかもしれませんね。

 

解説の中でブロックチェーンが安全であるものを強調してきましたが、過信は注意しましょう。

かなり安全性があるとはいえ、何かしらのリスクも出てくることはあるので危機意識は持っておくことが大事。

 

余談にはなりますが、私はしばらくNFTで実際に取引しないとは思いますが、関連する株式を買ってNFTの発展に貢献していきたいと思っています。

現状、本当に全てを理解している人も多くはないNFTですが、新たに分かったことや訂正するべきことがあれば随時更新や記事を追加していくので是非REREBLOG、ツイッターのチェックをしてもらえたら嬉しいです。

 

では、最後までありがとうございました。

Copyright© REREBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.